株式会社津別ファーム 生産部門
  mynavi
    

繁殖部門

繁殖部門は、人工授精による受胎から分娩までを担当する部門です。専任授精師による母牛の人工授精、定期健診、分娩後のケアを行います。個体の分娩履歴、血統、妊娠周期や受胎率など母牛に関する多くのデータ収集と管理を担当します。元気で健康な子牛が生まれるためには、母牛の体調管理が最も重要となります。繁殖事業の根幹を担う部門です。

繁殖1 繁殖2 繁殖3 繁殖4 繁殖5

哺育部門

哺育部門は、生まれたばかりの子牛を育成の初期段階まで、飼養管理します。母牛による自然哺乳では、個体毎に発育差が生まれるなど、子牛の成長が母牛要因に影響されます。このようなリスクを回避するため、津別ファームでは、代用乳使用による人工哺育を行っています。人工哺育により、乳量などを細かく管理し、子牛の成長が均一化することにより離乳や、去勢作業、牛群管理作業など、今後の作業の効率化にもつながります。育成期に良質な牛に育つ要因は子牛の段階で決まると言われており、今後の牛の成長を左右する重要な部門です。

繁殖1 繁殖2 繁殖3 繁殖4 繁殖5

育成部門

哺育期を終えた子牛の出荷までを担当する部門です。出荷までに健康でより大きな子牛に成長させるという責務を負う部門です。一貫生産を行う津別ファームでは、牛の健康状態や成長、血統などを考慮し、素牛出荷牛の選定、繁殖後継牛の選定、肥育牛の選定などを行います。牛群管理システムにより、個体情報を細かく管理し、高品質の和牛を全国へ出荷しています。     

繁殖1 繁殖2 繁殖3 繁殖4 繁殖5

肥育部門

肥育部門は、本肥育と繁殖経産牛の再肥育を担当します。津別町栄の夏は30度以上、冬は氷点下30度にもなる寒暖差が旨味のあるきめ細やかな肉質の牛を作ります。餌にはこだわりがあり、長年の経験から厳選した麦稈を使用し、水は津別町栄の綺麗な湧き水を使用、自社独自の配合とこだわりの栄養バランスのとれたTMRを使用しています。繁殖経産牛の再肥育は、約8ヶ月~10ヶ月行われ、本肥育については30ヶ月齢まで肥育され、全国に出荷されます。

繁殖1 繁殖2 繁殖3 繁殖4 繁殖5

総務部門

総務部門は、牛の個体情報管理・システム管理・各種データ集計・労務管理・経理などを担当する部門です。牧場の窓口としての役割、牧場内の作業が円滑に進むように現場スタッフと連携してデータの集計や提供を行う仕事を行っています。

事務1 事務2 事務3 事務4 事務5